無料ブログはココログ

おすすめの本

  • 梨木香歩: ピスタチオ
  • 秋田公士: 本づくりの厨房から
  • 安房直子: きつねの窓

« | トップページ | »

2013年3月31日 (日)

あっという間に毎日が過ぎてゆき、こちらの更新も展のご案内ばかりに

なってしまい、、。もともと色々なことをいっぺんに考えたり、計画するのは
苦手ですが、決めなきゃいけないことや、準備しなくちゃならないことが
どどーんと山盛りになってしまっている今日この頃、あちらこちらからお助け
いただいています。ありがとうございます。
明日からshinもとうとう小学生。入学より一足先に学童に入所です。
同じ学校に二つある学童、一つは民間、一つは市営です。
料金は同じですが、民間の部屋は紫色のカーペットが敷き詰められさわやか。
市の方は教室そのままで畳が置いてあるだけ。
サロンと旅館と呼ぶことにしました。サロンは人気で50人ほどの予定で
旅館は10人たらずというお話だったので、迷わず旅館にお願いすることに。、
保育園も一才半から通い、卒園間近になってやっとのことで楽しくなった
shin なので、こじんまりと、ゆっくり接してもらえる方がいいかな。と。
緊張してるんだろうな。。ここのところそんな様子が伝わってきます。
そんな気持ち懐かしくも、キリキリと痛むようにも思い出します。
一歩一歩でね!!
以下お知らせです。
北九州市小倉の卑弥呼さんのスプリングフェアにて作品をご紹介
いただいています。
4月の30日からは、目白のギャラリールヴァンさんにて、千春と二人展。
陶板、沢山作りました。ルヴァン(風の通り道)に空を広げます。
5月は松本クラフトフェアに参加します。
favでのひな人形展、桃花堂展、いらして下さった皆様
ありがとうございました。またどこかでお会いできましたら
嬉しいです。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »